ハイドロキノンで副作用が出なかったと判断するには

シミ治療で高い効果を発揮してくれるハイドロキノンですが、使用量を多くすると副作用が発生することでも知られています。
副作用が出なかったと判断するためには、副作用の内容を理解するのが簡単な方法です。
ハイドロキノンの副作用として有名なのが、塗った部分に赤みが出たり、炎症を起こすというものです。ハイドロキノンは比較的安全な成分ですが、酸化しやすく、品質の安定性を保つのがやや難しいとされています。酸化をすると、肌に刺激を与える成分が発生するため、この影響で塗った肌の部分に赤みや炎症があらわれてしまいます。
特に皮膚科などで処方される医療向けのハイドロキノンの場合には、成分の配合量が多いため、多少なりとも赤みや炎症が起こることはよくあります。これらの症状があらわれたなら、医師に相談しましょう。薬の量を調整したり、別の治療薬をすすめてくれます。
次に副作用として確認されているのが、シミの悪化です。ハイドロキノンはシミを薄くする成分ですが、紫外線に反応することで、逆にシミを濃くする性質も持っています。日中によく外出する人で、ハイドロキノンを使っていてもシミがよくなるばかりか、徐々に濃くなり始めたら、紫外線の影響による副作用を疑いましょう。
紫外線は真夏の暑い季節だけでなく、日差しが弱い秋や冬であっても存在します。外出時には紫外線防止用の日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶるなどの対策をおすすめします。
もう一つ、白斑と呼ばれる副作用もあります。塗った部分の肌の色素が抜けてしまう症状です。長期連用せず、濃度の低いものを塗るようにすれば、防ぐことができます。
これらの副作用が出ていない状態であれば、ハイドロキノンを安全に使えている証拠といえます。

↓美肌には、ハイドロキノンと併用するとより効果的です
トレチノインが効く肌トラブル
↓しわやくすみの改善をして美肌を手に入れましょう
コスメライトクリーム

ハイドロキノンは天然成分なので副作用等は出づらいと言われています。そしてハイドロキノンはトレチノインと併用することで大きな効果が出るという結果もでています。当サイトではハイドロキノンを中心に美肌に関するお話をしていきます。

ページの先頭へ戻る